こちらは古いブログです。新ブログへお越しくださいませ。
http://miekensaku.blog.fc2.com/


TOP画面では記事が二分割されています。「続きを読む »」をクリックして下さい。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:虫・動物・魚
転がった 拾ってとは・・・

「サルがエサと間違えて男児のおちん○んを噛みちぎる 
 転がった睾丸を拾ってムシャムシャ」という
2011年7月22日に2ちゃんねるで話題になったニュースのことです。


事故が起きたのは貴州省貴陽市の黔霊山公園の麒麟洞近くで、

17日の午前9時、ここに遊びに来ていた唐夫婦が8カ月の男児、小軍が
ズボンの中におしっこを漏らしたことに気づき、ズボンを交換していたところ、

突然野生のアカゲザルが現れ、小軍の下半身に取りつきました。




事故を目撃した保安の話によると、
サルは小軍の睾丸とおちんちんの半分をかみちぎって逃走、

ところが通りがかった老人が転がった睾丸を拾い上げると、
突然サルが戻ってきて老人の手から睾丸を奪い取り、口の中に放り込んで
数回かんだ後飲み込んでしまったのだといいます。

ようやく我に返った唐夫婦の前で小軍の下半身は血まみれ。
事故を知った警官が一家を省96999緊急救援治療センターに車で送りとどけました。


診断の結果、小軍は命には別状ないものの右の睾丸を喪失、
生殖器は半分欠け、輸精管も断裂しており、
治ったとしても生殖能力に影響が出るという状況だといいます。

黔霊山公園管理部門では、事情が特殊なだけに
すでに治療費1万元を夫婦に前払いし、18日に話し合いをもつとしていました。

黔霊山公園には野生のアカゲザルが数多く住み着き、
17日だけでも人を襲った事故が全部で12件あったといい、
6月から数えると200件にものぼるということです。

公園側は、サルに餌をやらないよう、またサルをからかわないよう、
訪れる観光客に注意を行っています。

1_20120729141611.jpg
↑画像クリックでモザイクなしの画像が見れます。
※グロくはありません。


元記事を書かれたのは↓のサイト様です。
8カ月の男児が公園でサルにおちんちんをかみちぎられる―貴陽市

上記画像を含めたニュース映像の動画が置いてあります。
グロ表現はありませんが、半狂乱の母親が映ります。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
個人の感想のみ、サイト広告などのコメントは、拒否IPへの登録をし即削除します。

トラックバック:


この記事にトラックバック:する



copyright © 検索してはいけない言葉 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。