こちらは古いブログです。新ブログへお越しくださいませ。
http://miekensaku.blog.fc2.com/


TOP画面では記事が二分割されています。「続きを読む »」をクリックして下さい。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:事件・事故
宮崎勤とは・・・

1988年から1989年にかけて東京都北西部および埼玉県南西部で発生した、
幼女を対象とした一連の事件。

その「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」の容疑者として
逮捕、起訴され、死刑判決が確定し、刑死した人物。

4歳から7歳という低い年齢の女児が被害者となり、
犯行声明を新聞社に送り付ける・野焼きされた被害者の遺骨を遺族に送りつけるなどの、
極めて異常な行動を犯人が取った。


ところがネット上には冤罪説が存在し・・・・。



事件の概要について詳しく知らない方は、下記のWikiを参照してください。
東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件

↓のように、異常な事件だったことが分かります。
死後硬直で固くなった遺体にわいせつ行為を行う様子をビデオ撮影
指をもぎ、醤油をかけて焼いて食べた。
また、ビニール袋に溜まった血を飲んだ。
幼女を殺すたび、自宅に藁人形を置いて部屋を暗くし、頭に鉢巻きをして蝋燭を数本付け、
黒っぽい服を身に付け手を上げ下げし、祖父復活の儀式を執り行った



放送できない怪事件 (ナックルズブックス42)(p.087)によると

1.宮崎の車は「日産ラングレー」だったが、
 犯行現場で目撃された車は「トヨタカローラII」だった。

2.宮崎の身長は一五九センチだが
 犯行現場で目撃された犯人の身長は一七〇センチぐらいだった。

3.被害者の死体が映るビデオが殺人の証拠とされたが、
 宮崎はビデオカメラの操作ができなかった。

4.宮崎は幼女の死体を自宅で切断したというが、
 押収されたノコギリから血液反応は出ておらず、
 「腐臭はしなかった」と家族は証言している。

5.宮崎が幼女の頭蓋骨を洗ったはずの場所からは
 髪の毛の一本も見つかっておらず、
 死体を焼いたはずの庭からも人骨は見つからなかった……。



【衝撃】宮崎勤事件取材記者が真相を告白。記事捏造認める!
というニュースも話題になったので、ご存知の方もいるのではないでしょうか。


「宮崎勤事件 冤罪説」を検証するというサイト様では
詳しく検証されています。

上記の本の1.に関しても、とても詳しく書かれていました。
■脱輪に関する証言

興味がある方は見てみてください。


逮捕後初めて宮崎勤被告が胸のうちを語った
夢のなか―連続幼女殺害事件被告の告白」という本も出ています。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
個人の感想のみ、サイト広告などのコメントは、拒否IPへの登録をし即削除します。

トラックバック:


この記事にトラックバック:する



copyright © 検索してはいけない言葉 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。